Wedding celebrations

昔ながらの神社挙式が人気沸騰中|プランが充実

持ち出し費用0円で叶う式

ホテルとは違う本格派に

男性と女性

和装にあこがれてホテルなどの結婚式場で、和装の神前挙式+披露宴を行う方だけでなく、最近では歴女など歴史や和なものを大切にする女性も増えて、神社挙式の人気があります。
ホテルでの和装の挙式披露宴でも、ホテル内にある神殿には神様が祀られていますから、神様の前で愛を誓い結婚式を行うことは可能です。
ただ和装に憧れて人前式を考えている場合と、歴史が好きな女性や所縁ある神社にて神社挙式を行いたいという強い思いがある場合では選び方も異なります。
こだわりがあればあるほど、立派な祭壇があってもホテルでは満足できず、求める条件に一致する神社にて神社挙式を行いたいと考えるのも当然と言えます。
花嫁さんから神社挙式の希望が出た際には、挙式披露宴の利便性だけではなく、希望を考慮してあげるとよいです。
男性側の意見だと、神社挙式は披露宴会場が変わるのではないかとか挙式披露宴の金額面での心配が生じるかもしれませんが、最近は持ち出し費用0円で叶う神社挙式もあります。
また、挙式費用はホテルの場合と神社挙式だと異なります。
神社挙式では、神社に対して玉串料として神様に奉納する形となります。
相場は地域や神社によって異なりますので、直接宮司さんに事前に確認しておいたほうが良いです。
一般的には、3万円から20万円くらいが妥当とされています。
ホテルで行う場合には、挙式料として費用の中に合算されています。
挙式料は式場によって異なりますが、15万円から30万円程度となります。

費用の相場は

カップル

結婚が決まると、今度は式場選びをしなければなりません。
どこで結婚式や披露宴をするのか、衣装や招待客の人数、引き出物など、決めることはたくさんあります。
チャペルでの教会式も綺麗で素敵ですが、最近人気があるのは神社挙式です。
歴史と伝統のある神社で挙げる、日本ならではの結婚式が見直されています。
親しい人達に囲まれ、厳かな雰囲気の中で挙げる結婚式は、一生忘れられないものになります。
神社挙式でかかる費用の相場は、神社によっても違いますし、プランによっても違います。
神前式で納める挙式費用を初穂料と言い、この費用の相場は、大体5万円から15万円程度です。
それに新郎の紋付き袴、新婦の白無垢や色打掛など衣装の費用、着付け代、ヘアメイク代、写真代、移動代などがかかります。
挙式のみだと、教会で挙げるより費用はかからないかもしれません。
神社挙式は本当に人気があります。
有名な神社で、景色も気候も良い秋頃に挙げたいなら、できるだけ早めの予約がおすすめです。
結婚式を挙げる神社が決まれば、衣装や髪型、メイクなどの準備に入ります。
披露宴をするなら、料理内容や席次の決定、招待状の送付などもしなければなりません。
神社の中には、撮影を禁止しているところもあります。
写真撮影をしたい場合は、予め神社に確認しておくことが必要です。
家族や親族に見守られながら、神前式の儀式を一つ一つ終えることで、これから二人で頑張っていこうという決意が固められるのも、神社挙式の良いところです。

有名神社がたくさん

男女

結婚式といえば、キリスト教式が定番になっていますが、最近は和婚ブームになっており、神社挙式が人気を集めています。
厳かな雰囲気の漂う神社において結婚式を行うことで、日本の良き文化、伝統を味わうことができるところが注目されています。
京都で神社挙式を行う場合、有名な神社がたくさんあります。
例えば、京都東山にある八坂神社は、1300年の歴史を持ち、夫婦神が祭られている場所で行われ、雅楽の生演奏がある、本格的な神前式が行われることが特徴です。
京都北区にある上賀茂神社も歴史のある神社で、世界遺産に指定された国宝本殿前にある重要文化財となっている場所で挙式が行われます。
上賀茂神社は、京都三大祭りのひとつである葵祭が行われる神社で、神社挙式を行うには抜群のロケーションであることが特徴です。
また、京都左京区にある下鴨神社は、2300年という長い歴史を持つ世界遺産に認定されている神社です。
昔から、縁結びや子育ての神様として信仰されています。
緑豊かな糺の森や重要文化財の鳥居など、こちらの神社も豊かなロケーションが特徴です。
神社挙式の基本的な流れについてはだいたいどこも似たような感じです。
直接神社に問い合わせて挙式の申込もできますが、和婚をプロデュースする会社に依頼すると、神社の特徴を比較したり、空き状況が簡単にわかります。
写真や着付けがセットになったお得なプランや、披露宴を行う場合、提携店を紹介してもらえたりというメリットがありおすすめです。