Wedding celebrations

昔ながらの神社挙式が人気沸騰中|プランが充実

人気の挙式スタイル

特徴とスタイル

ハート

神社挙式は、人気の挙式スタイルの一つです。
日本の伝統にのっとり、神社に祀られている神様に向けて二人の愛を誓います。
神社挙式の特徴は、洋風の教会式に比べて式のプロセスが多く、緊張感があるという点です。
また神社挙式は、両家と両家を結びつける、という意味合いも込められており、両親は二人の後ろに座って式を見守ります。
両家の結び付きを深くしたい、厳粛な雰囲気で式を行いたい、というカップルに向いています。
また、神社挙式ではウエディングドレスは着用しません。
新婦は、白無垢と呼ばれる衣装で参加します。
白無垢は、真っ白な色をした着物で、何物にも染まっていないということを表現しています。
新郎も、同じく和装を着ることがほとんどです。
ウエディングドレスに比べ、和装は準備も多くかかりますし、着心地も窮屈と感じることが多い衣装です。
しかし、白無垢は日本人らしい美しさをより際立たせる素晴らしい衣装です。
人気も高く、神社挙式を行わないカップルでも披露宴で着ることもあります。
また、参列者も、合わせて和装にすることが多いのが神社挙式の特徴です。
特に両親や親戚などは、新郎新婦に合わせて和装にすると、より一層神社挙式のおごそかな雰囲気を作り出すことが出来ます。
このように、神社挙式は古くより愛されている伝統ある挙式の方法なのです。
ウエディングドレスも良いけれど白無垢を着てみたい、厳粛な雰囲気で式を挙げたい、というカップルは是非検討してみましょう。

レストランへ移動も可能

神社仏閣

女性の晩婚化が進み、落ち着いた雰囲気で挙式を上げることが出来る神社挙式に注目が集まっています。
神様の前で誓いを立てる神前式が基本となり、白無垢等の和装で行う厳かな挙式です。
神社挙式は、結婚式場のように貸し切りにすることはありません。
一般客にも広く神様は開かれている存在であるため、挙式を行っている間も一般客の参拝は受けつけています。
また、親族だけでなく友人たちが挙式を間近で見ることも可能です。
神社挙式を行った後に披露宴を行いたいという新郎新婦は多いでしょう。
大きな神社であれば、披露宴を行える会場を併設しているところもあります。
新郎新婦や親族の移動時間もかからず、負担を減らすことが出来るメリットがあります。
また神社に披露宴会場がない場合でも、近隣のレストランなどで披露宴を行うことは可能です。
意外に時間がかかるのは、新婦のお色直しです。
神社挙式の場合は本格的な和装かつらやメイクとなるため、ドレスへの衣装直しは一から洋装へのチェンジとなります。
和装のお引上げに手慣れたヘアスタイリストや、和装からドレスへのチェンジに慣れているスタイリストにお願いした方が時間短縮になります。
披露宴中のお色直しの場合は、ゲストを退屈させない工夫が必要となります。
すべてをトータルでプロデュースする結婚式場と異なり、神社挙式は結婚式を専門に行う場所ではありません。
段取りの打ち合わせは丁寧に行い、晴れの日を迎えるようにしましょう。

収容人数に注意

新郎新婦

結婚式にもさまざまな種類や演出がありますが、最近昔から日本で行われ続けている神社挙式の魅力が見直されてきており、和装姿で神社挙式を行うカップルも増加傾向にあります。
そんな神社挙式ですが、普段の日常的な生活の中では、日本の伝統的な儀式を行う神社挙式については分からないことも多く、最初は戸惑うこともあります。
実際行うと日本ならではの魅力が満載で、記念に残る素敵な結婚式となるために満足度も高い傾向にあります。
また一般的に費用面ではキリスト教式の結婚式よりもお手頃価格なケースが多く、衣装についても必ずしも和装でなければいけないといったルールもありません。
時代に適してある程度は自由な形式で行うケースもあります。
ただし神社挙式ならではの特徴として、お招きするゲストは親族のみのケースが一般的に多い傾向にあります。
これはもともと家同士のつながりと繁栄を目的としていたためであり、とくに収容人数の少ない神社などでは親族のみに限定されることが現在でもあります。
もっとも大規模な神社やホテルなどの会場で実施する場合は、友人たちもゲストとして招いても良いケースもあるため、それについては事前に確認しておくと良いでしょう。
また普段着慣れていない和装だと所作などに戸惑うこともありますし、結婚式の段取りも分からないことも多いため、不安な場合はあらかじめ確認したり練習したりしておくと安心できます。
とくに祝詞は独特の言い回しで素人には難しい場合もあるため、事前に練習しておくと良いでしょう。