Wedding celebrations

昔ながらの神社挙式が人気沸騰中|プランが充実

和装が一般的

相談してみよう

会場

日本人だからこそ、和風を重んじて結婚式を挙げたいという人は神社挙式を選択してみましょう。
ただし、一般的な式場とは違って、一日に何組もの挙式ができるわけではありません。
また、毎週末のように挙式ができるわけでもないので、各神社に問い合わせをしてみることをお勧めします。
それから、ホテルでの挙式に慣れてしまっている出席者たちは、神社挙式となると何を着ていいのか分からないものです。
基本的に新郎新婦は和装となります。
出席者も神社の雰囲気などに合わせて着物を着用する人が多くなっています。
特に新郎新婦に近い親族は着物の方が無難です。
ところが、友人や知人などの若い人たちになると、なかなか着物を着る機会はないものです。
無理に着物を着る必要はありません。
男性ならスーツ、女性ならシンプルなワンピースを選びましょう。
ホテルなどの式場で行われるタイプとは雰囲気が異なるので、女性はあまり派手な柄や色の衣服は避けた方がいいかもしれません。
よく分からない場合には神社挙式に詳しい人に相談したり、神社関係者に直接、聞いてみたりするののもいいかもしれません。
そもそも、神社挙式はホテルなどの式場で行われるタイプより、人数が狭められています。
小規模な挙式になることが多く、100名も招待をすることはできません。
それほどスペースがないことから、親族程度しか招待されないことがほとんどです。
招待されるとしても、余程、親しい友人程度となっています。

両家を結ぶ儀式

赤い糸

結婚式と言えばウェディングドレスを着てチャペルで挙げるのが主流となっていますが、最近ではあえて伝統的な神社挙式を選ぶ人が増えています。
この神社挙式は両家を結びつける儀式として執り行われるようになったものです。
現代では結婚する二人が主役と考えられがちですが、神社挙式には家同士の結婚という意味があるのです。
原則的に参列者は両家の親類と仲人のみとなるため、ささやかな挙式を希望するカップルに注目されています。
神社挙式で着用するのは新婦が白無垢や黒引き振袖、新郎が紋付袴といった和装です。
ウェディングドレスやタキシードとは一味違う厳かな雰囲気の中で粛々と神社挙式は進みます。
神主を進行役として、主役の二人が参列者に囲まれる形で様々な儀式を執り行うのです。
具体的な流れとしては、まず最初に神前に両家の親族と新郎新婦と仲人が入場します。
その後、神主によって神に祝詞が捧げられ両家を結ぶ固めの盃として三々九度を行います。
新郎新婦による誓いの言葉の後は、神に玉串を捧げる儀式です。
その後は、親族一同にお神酒が注がれ神主の挨拶によって終了となります。
神社挙式を希望する場合には、対応可能な神社を探す必要があります。
神社によっては、和装ではなく洋装で挙式を行うことも可能です。
また、指輪の交換など西洋風の演出を儀式の途中に組み込んでもらうこともできます。
また、一昔前までは、神社挙式には伝統的な綿帽子や角隠しというヘアスタイルが定番で、かつらに抵抗がある花嫁から避けられていました。
しかし、最近では、綿帽子を被る事が可能な洋髪のヘアアレンジも登場しています。
これによって、徐々に和装人気に火が付いて、神社挙式が注目されているのです。

近ごろの神前式と教会式

新郎新婦

神社挙式や教会式は、ここ数年日本のカップルに人気がある挙式のスタイルです。
特に神社挙式は、全国各地で再び人気を盛り返します。
最近人気の神社挙式と教会式にはどのような違いがあるのかは、これから結婚式を行うカップルにとって非常に重要な問題です。
メリットなどを比較して、自分達の方針に合うかどうかを考えてみたい所と言えます。
教会式がチャペルを会場に行われるのに対し、神社挙式は神社の本殿を貸切るスタイルで実施されます。
教会式の進行を担うのは神父や牧師といった神職ですが、神社挙式では神主や巫女が挙式を担当します。
とりわけ大きな違いが出るのが、挙式の雰囲気です。
元々、西洋で行われてきた教会式の場合は、バージンロードなどが設けられ、厳粛な雰囲気がある反面、一旦、挙式が終わるとゲストたちからの華々しいお祝いが行われます。
従って、終始厳かな雰囲気の中で執り行われる神社挙式とは、対照的な部分が見られます。
ウェディングドレスやブーケ、祝福ムードなどが味わえる点は、教会式ならではのメリットです。
一方、神社挙式に関しては、やはり和装が楽しめる点に注目が集まります。
親族中心で行われる神社挙式は、費用が安く済むという良さもあります。
招待するゲストの人数や予算は、結婚式のスタイルを決める時の1つの基準です。
教会式と神社挙式のいずれにも対応する結婚式場や専門サービスが増えており、新郎新婦は柔軟な選択が出来るようになっています。