Wedding celebrations

昔ながらの神社挙式が人気沸騰中|プランが充実

神社で挙式したい

どこで行えばいいでしょう

男の人と女の人

神社挙式を行いたいと思っても、実際にどこで行えばいいのかわからない。
そう思われる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
神社挙式はおごそかで素晴らしけれども、神社なんで普段そんなに行くものでもないし、どうしていいかわかりにくいですよね。
では神社挙式をどこで行うべきか調べてみます。
最も簡単な神社挙式は結婚式場に併設されている神社や祭殿を利用する方法です、そうすると式の流れは式場のスタッフがしっかり誘導してくれますし、お色直しや挙式後の披露宴も段取りよく行うことができます。
特にこだわった神社がないのなら、こういった施設を利用する方法もひとつです。
もし気に入った神社や思い入れのある神社がある場合は、その神社で行いましょう。
一生に一度のものなので、思い残しのないように気に入った場所を大切にするのも良いことです。
しかし神社によっては挙式に参列できる人数に制限があったり、挙式後の披露宴スペースが確保できない、車椅子でお越しになる参列者がいるが、バリアフリー仕様になっていない、アクセスがよくない場所にあるために参列者に不便をかける、などの問題がある場合があります。
実際に挙式する場合にどのような問題があるかクリアにした上で行うようにしましょう。
また、神社によっては和装、和髪でしか挙式できないところもあります。
ウェディングドレスや洋風のヘアスタイルを考えられている場合はその神社では実現できませんので、事前に確認するようにします。

感謝を忘れない

新郎新婦

結婚するときに昔は盛大に結婚式と披露宴を行っていましたが、今は経済的理由や価値観の変化により質素な式で済ませたり、式自体を行わないカップルが増えています。
その中でも一定の人気を保っている結婚式に神社挙式があります。
神社挙式とは、その名の通り神社で行う結婚式のことで、日本人らしい式が挙げられるのと費用もリーズナブルな理由で人気があります。
神社挙式を行うための一連の流れですが、まずは神社選びです。
ネットで検索すれば神社挙式を行っているところがわかりますので、各神社のHPを参考にして選択しましょう。
中には結婚式場を併設している神社もありますので一連のプログラムを全て一箇所ですますことが可能です。
神前挙式の式の進行ですが、最初に神殿に新郎新婦が向かう参道の儀から始まります。
次に新郎新婦及び仲人の入場があります。
そして修祓の儀という神官からお祓いをしてもらう儀式を行います。
その後神様に結婚の報告を行う祝詞奏上の儀を経てメインイベントである三三九度の儀に移ります。
ここで新郎新婦交互にお神酒をいただくことで、夫婦の永遠の契りを交わします。
神前挙式の一連の主な流れは以上ですが、最近ではその後指輪交換をしたり新郎新婦の挨拶や両親への感謝の言葉を読み上げたりもします。
大抵の神社では事前に相談すれば、できるだけ希望に沿ったプログラムを準備してくれますので積極的に相談しましょう。
集合写真や巫女さんの舞なども対応してくれます。

人気の訳について

神前式

結婚式は、新郎新婦にとってとても大切な日です。
そのため、自分達に合った挙式を選びたい、と考えている人も多いでしょう。
挙式スタイルの中で、近年見直されているのが、神社挙式です。
神社挙式は、神社で式を行う和の挙式スタイルの事です。
結婚式というと、チャペルで白いウエディングドレスのイメージを持つ人も多いでしょう。
しかし、近年神社挙式を選択する人が増えており、とても注目されています。
神社挙式は、日本の伝統的な趣のある挙式であり、また、真っ白な白無垢は美しく、着物は日本人の体形にとても良く似合っています。
着物は、ドレスのようにぴったりとしていないので、体形が気になる方も安心して着る事ができます。
このような訳から、神社挙式を選択する人が増えているのでしょう。
また、数年前には、人気の高い女優が数人神社挙式を利用しているのも、人気が高くなった訳だと言えます。
神社挙式が注目されたことによって、衣装もとても種類が増えています。
白無垢だけでなく、柄が美しい色打掛や引振袖なども沢山あり、また現代風の髪形にする事も可能です。
神社挙式は伝統的な挙式スタイルですが、現代風に少しアレンジする事によって、新しい挙式スタイルにする事もできるのです。
一時はチャペルでの挙式がとても人気でしたが、少しずつ和の良さが見直されています。
悩んでいるのであれば、神社に見学に行ったり、また白無垢や色打掛などを試着してみると良いでしょう。